こんにちは!SJC広報部局の山口です🌷
さて今回は、前回の実行委員長紹介に続いて、SJC2020副実行委員長の
箱井瑛光(はこいあきみつ)さんを紹介していきます!

山口(以下🎤)「まず1つ目の質問です!所属大学、楽器、好きなjazzプレイヤーを教えてください!」

箱井さん(以下は)「関西大学jazz研究会です。ギターを弾きます。好きなプレイヤーはパット・メセニー氏です。笑顔がグッドです。」

🎤「ありがとうございます!続いてSJC委員になったきっかけは何でしたか?」

は「あるあるですが『先輩に誘われて』ですね。
とはいえ、なんだかんだで2年目も委員を続けていますので、これは『SJCと神戸の魅力が為に』ですよね。」

🎤「なるほど、大学生が神戸のイベントに直接関わることができるのは魅力的ですよね!そんなSJC委員ですが、箱井さんはどのような経緯で副委員長になったのでしょうか?教えてください!」

は「これは、端折って言えば『副委員長になるほかなかった』ですね。
話すと長くなりますが、話しましょう。」

🎤「お願いします。笑」

は「そもそも今年は、継続の委員が少なく、みんなが何かしらの役職に就くことになるかもしれないという噂があったのですが、僕は何とかなるだろうと思っていたので、『幹部(特に副委員長)は無理です!できません!』とギリギリまで駄々を捏ねていました。
その間にも他のポストは埋まっていき、結局、収まるところに収まったという、、、」

🎤「なるほど…初めは副委員長になるとは思っていなかった訳ですね…」

は「でも、副委員長になるだけでSJCの役に立てたなら安いものでしょう。」

🎤「そうですね、なるだけではなく副委員長のお仕事をこなしてくださるので今のSJCがあるのだと思います!ありがとうございます😊
さてさてそんな副委員長ですが、やってて良かったと思える瞬間はありましたか?」

は「これは、正直まだありませんね。
というのも、今年はまだ何もなし得てないですからね〜笑
とりあえず、本祭を無事成功させてからですよね。」

🎤「世界中が大変な状況ですから、我々の活動もしばらく止まってしまいましたし、これからが頑張りどころですよね!
それでは最後の質問です!去年のSJCにも参加されていたそうですが、今年は去年とここが違うぞ!というアピールポイントを教えてください!」

は「これ、ホント難しい質問ですよね笑
あんまり勝手なこと言っても怒られそうなので笑
個人的にですが(個人的にですよ!)その年のsjcがどのような色を持つかは、その年の実行委員長のキャラクターが大きく影響していると思うんですよ。
そこで、今年の委員長、井谷はどういう人物なのかというと、、先のブログ(SJC2020実行委員長紹介!!)で本人が存分に語られております!!(つまり、今年のsjcがどのようになるのかもそちらを見ていただければ!!笑)

僕なんかだと、昨年はお手伝い感覚で参加していましたし、これまで地域振興のちの字も頭にありませんでしたが、井谷はそういった方面に知識が広いですし、しっかりとしたビジョンを持っていますので、常々いい影響を受けさせてもらっていると思います(ガチ)。
今年はこのようなご時世ですから、SJCのようなイベントの持つ力がすごく重要なものだと感じていますし、そういった点では例年にも増して注目していただけるのではないかと思っています。
SJCのスローガンでもある『神戸とジャズを盛り上げたい!』の一言に尽きますね!」

🎤「そうですね!大変な状況ですが、我々の活動を通して、少しでも皆様に楽しんでいただけたらなと思っております!
質問は以上です!箱井さんありがとうございました!👏🏻👏🏻」

実行委員長めいさんに続いて副委員長インタビューでしたが、いかがでしたでしょうか?

SJCにより興味を持っていただければ幸いです🌷

以上山口がお送りしました!
ご覧いただきありがとうございました😊